バリスタとドルチェグストの違いを比較!値段や味でどっちを選べばいいか解説

更新日:

バリスタとドルチェグスト
テレビCMでもよく見かける、ネスカフェのドルチェグストとバリスタ。どちらも本格的なコーヒーを手軽に楽しめるマシンとして定番になっています。

この2種類ですが、どのように違いがあるのか知っていますか? またどちらも本体が無料で使える公式サービスがあります。

ドルチェグストとバリスタはどんな違いがあるのか、そしてどちらを選ぶのがおすすめなのか味やコストの違いをくわしくご紹介します。

バリスタとドルチェグストはコーヒーの抽出方法が違う

まずバリスタとドルチェグストの大きな違いは、コーヒーの抽出方法です。

バリスタは専用の粉をセットして、そこから複数の種類のコーヒーを作ります。それに対してドルチェグストはカプセルタイプのコーヒーメーカーです。

まずはそれぞれでコーヒーの淹れ方とその種類を説明します。

バリスタは粉タイプのレギュラーソリュブルコーヒー

ネスカフェゴールドブレンド
こちらがバリスタで使うレギュラーソリュブルコーヒー(ネスカフェゴールドブレンド)です。レギュラーソリュブルコーヒーは粉砕したコーヒー豆を特殊な抽出液で包むことで、風味をそのまま閉じ込めたというネスカフェならではの製法。

専用の「エコ&システムパック」を本体にセットすることで、ボタン一つでいつでも淹れたてのコーヒーが楽しめます。

バリスタのエコ&システムパックは6種類

そしてバリスタで使えるコーヒーの種類は現在6種類があります。定番のゴールドブレンドをはじめ、ビターな「コク深め」、産地にこだわったワンランク上の「香味焙煎シリーズ」などいろいろな味わいのコーヒーが楽しめます。

バリスタで使えるコーヒーの種類

  • ネスカフェゴールドブレンド
  • ネスカフェゴールドブレンドコク深め
  • ネスカフェゴールドブレンドカフェインレス
  • ネスカフェ香味焙煎「深み」
  • ネスカフェ香味焙煎「丸み」
  • ネスカフェオーガニック

参考ネスカフェゴールドブレンドとオーガニックの味を比較して口コミレビュー

バリスタは4種類のメニューがボタン1つで作れる

バリスタのボタン

本体のボタンで作れるコーヒーの種類

  • ブラックコーヒー
  • ブラックコーヒーマグサイズ
  • カフェラテ
  • カプチーノ

※スマホのネスカフェアプリを使うとエスプレッソなど濃さや泡の量も調節できるので種類は無限になります

コーヒーを抽出するときに牛乳やネスカフェの粉末ミルク、ブライトを追加すれば、混ぜるだけでカフェラテやカプチーノも作れます!アイスコーヒーを楽しみたいならグラスに氷を入れればOK。

アレンジメニューもいろいろあるので、自分好みの味わいで楽しめるのもバリスタの魅力です。

ドルチェグストはカプセル

ドルチェグストのカプセル
ドルチェグストは1杯分のコーヒー豆が入ったカプセルで抽出をします。

真空でコーヒー粉末をカプセルに閉じ込めているから、豆が空気に触れず酸化しません。1杯ずつ挽き立ての新鮮な状態でコーヒーを作れますよ。

カプセルの種類は常時15種類以上!定番のレギュラーコーヒーはもちろん、カフェラテやカプチーノなどのアレンジコーヒー。さらには「チョコチーノ」や「抹茶」などのバラエティに富んだメニューも充実しています。

バリスタがコーヒー専門のマシンとすれば、ドルチェグストは喫茶店にあるような幅広いメニューを作れるマシン。自宅にいながらまるでカフェでお茶をしているような楽しさがあります。

ドルチェグストのカプセル一覧

ドルチェグストのカプセル一覧
コーヒー豆の粉末を入れたらカプセル内の酸素を抜いた状態で密閉しています。また、カプセル容器自体も酸化の原因になる空気や湿気、光をブロックする特殊な5層構造!

バリスタに使うレギュラーソリュブルコーヒーも、表面を特殊な抽出液で包むことで酸化をできる限り防いでいます。ですがバリスタは一度でコーヒータンクに粉末を入れるので、カプセル式のドルチェグストとくらべると、どうしても酸化が進んでしまいます。

いつでも挽き立ての新鮮なコーヒーが良い!とこだわりがある人は、カプセル式のドルチェグストがおすすめですよ。

目次に戻る

バリスタとドルチェグストの価格の違いは?

本体の値段

  • バリスタi…6,980円
  • バリスタ50…7,980円
  • ドルチェグストジェニオ2プレミアム…9,800円
  • ドルチェグスト ドロップ…9,800円
  • ドルチェグスト エクリプス…18,800円

価格は全体的にバリスタの方がお買い得です。特に前モデルになると、4,000円台で購入できるものもあり、比較的リーズナブルです。

コーヒー1杯あたりの価格と味

  • バリスタ…1杯あたり約20円~ 味〇
  • ドルチェグスト…1杯あたり約50円~ 味◎

1杯あたりのコストは断然バリスタがお得です!缶コーヒー1缶のコストと、バリスタ6杯のコストはほぼ同じ!毎朝缶コーヒーを買っている人も、マグサイズでバリスタを水筒や専用マグに入れて持ち歩けば、それだけで毎日のコーヒー代の節約になりそうですね。

一方ドルチェグストはメニューによって金額にバラつきがあり、マキアートやラテ系の商品は1杯あたり100円近くのコストがかかるものもあります。高いイメージがありますが、実際にコンビニや喫茶店で飲むとなるとそれ以上の費用がかかりますよね。

ブラックコーヒーやカフェラテだけを飲みたい人はコストが安くお手軽なバリスタがおすすめです。ほかにもコーヒーだけでなくマキアートや紅茶など、バラエティメニューも楽しみたい人は多少コストが高くてもドルチェグストをおすすめします。

バリスタのコーヒーも十分美味しいですが、値段で選ぶならバリスタ、味で選ぶならドルチェグストがおすすめです。

本体無料!バリスタとドルチェグストの定期便サービス

どちらも本体料金がおよそ1万円近くのバリスタとドルチェグストですが、実は本体無料で利用できる公式サービスがあります。ネスレでは定期便サービスを用意していて、バリスタならエコ&システムパック、ドルチェグストならカプセルを一定量購入することで、本体を無料で使用できるのです。

利用方法はどちらも好きなコーヒーの種類を選んで、お届け期間と商品を選ぶだけ!お届け期間や個数も毎回変更できるので、今回は飲み終わらなかったから次回お届け分を1か月後に延長する、なんて注文の仕方もできるからコーヒーがムダになりません。

自分のペースで続けられるうえ、使わなくなったら本体を返却すればいいので手軽にマシンを使えるのでおすすめです!

バリスタ定期便サービス

ドルチェグスト定期便サービス

目次に戻る

コーヒーの淹れ方とお手入れ方法について比較

コーヒーの淹れ方と毎日のお手入れ方法やごみの捨て方は、どちらも本当にお手軽です。

バリスタの使い方

バリスタのコーヒーはタンクにエコ&システムパックでコーヒーを詰めたら、あとは飲みたいメニューのボタンを押すだけ!
バリスタコーヒータンク

電源を入れてボタンを押せば、いつでも淹れたてのコーヒーが楽しめます。
バリスタのボタン

そして定期的なお手入れ方法は次のとおり。

バリスタのお手入れはコーヒータンクの部分と、給水タンク、ドリップトレイの3つを水洗いします。それぞれ簡単にパーツが外れるので、取り外してお皿を洗う感覚できれいにすればOK。

また、詰め替え用のエコ&システムパックでコーヒータンクにコーヒーを入れたら、その後は容器を捨てるだけなのでゴミ出しもとても楽です。1回詰め替えれば次にタンクが空になるまでゴミが一切出ないので、ゴミの量を減らしたい人におすすめです。

ドルチェグストの使い方

ドルチェグストはカプセルをセットして目盛りを調節、その後抽出をするという流れ。バリスタよりも工程が少しだけ多いです。

①まずはカプセルをセットします。
カプセルをセット

②カプセルに記載されている、お湯の抽出量を設定します。
抽出量

③抽出レバーを倒すとコーヒーの抽出が開始されます。
コーヒー抽出中

最初はとまどうかもしれませんが、慣れてくるとカプセルのセットから湯量の調節もスムーズにできます。コーヒーを淹れるのにかかる時間は1分程度ですので、バリスタと同じくそこまでストレスがありません。

そして、基本的なお手入れもカプセルを捨てて洗浄するだけ。
カプセルの処理

ドルチェグストも基本的なお手入れはバリスタと同じです。ただし、1杯ごとにカプセルを入れ替える必要があるため、まずはコーヒーを作ったらカプセルを捨てていく必要があります。

その後はカプセルホルダー、給水タンク、ドリップトレイの3つを洗うのが毎日の基本的なお手入れ。また、定期的にドルチェグスト専用の湯垢洗浄剤を使って、内部の汚れをきれいに掃除すると、衛生的でマシンが長く使えますよ。

どちらもお手軽ですが、片付けの手間についてはドルチェグストの方がごみも多く、家族全員で毎日2~3杯飲むともなると、それだけでゴミとして出るカプセルの量もたくさんあります。

目次に戻る

ネスカフェバリスタがおすすめの人

バリスタ定期便サービス
ここまでをふまえて、バリスタのメリットをまとめました!

1杯あたりのコストが安い

バリスタのメリットは何と言ってもコスパの良さ!コーヒー1杯あたり約20円で飲めるので、お金をかけたくないけれどおいしいコーヒーが飲みたい人におすすめです。また、1種類の詰め替えコーヒーで、ブライトを入れることでブラックコーヒー以外にもカフェラテやカプチーノも作れます!

ちなみにドルチェグストはカプセルで抽出できるおすすめの量が決まっていますが、バリスタは同じコーヒーを使うので、ボタン一つで大容量のマグサイズも選べます。

操作が手間なく簡単

ドルチェグストは1杯ごとにカプセルを入れ替えて、その後お湯の抽出量をレバーで設定してからコーヒーを淹れるという3段階の操作が必要です。それに対してバリスタは電源を入れたらメニューボタンを押すだけのワンステップ。

このお手軽さは特に時間に追われる朝はありがたいです。また、毎回カプセルを入れ替えるのが面倒、余計なごみを出したくない人にもバリスタは本当にお手軽なマシンですよ。

目次に戻る

ネスカフェドルチェグストがおすすめの人

ドルチェグスト定期便サービス

次にドルチェグストのメリットとおすすめしたい人のポイントをまとめました!

コーヒー以外のメニューも豊富でカフェ感覚で楽しめる

ドルチェグストの強みは本格的なカフェメニューがなんと15種類以上も楽しめること。ブラックコーヒーだけでも8種類がラインナップされていて、それぞれ味わいも違います。バリスタは一度コーヒーをタンクにセットすると、飲み終わるまで次の種類が入れられません。

ですがドルチェグストは1杯ごとなので、最初はブラックコーヒー、お昼はティーラテ、夜は抹茶など、カフェ気分でメニューが選び放題です。なによりコーヒー以外の甘いドリンクも充実しているので、ある程度大きいお子様がいる家庭なら、自分でドリンクを作ることもできそうです。

一台で同時に家族全員の好みのドリンクが作れるのもドルチェグストの魅力ですね。

コーヒーの味と鮮度が保たれる

1杯分ごとにカプセルに入っているため、コーヒーの鮮度がバリスタよりも保たれます。バリスタは一度コーヒータンクに入れるとどうしても酸化が進んでしまうため、早く飲み切らないと味が落ちると気になることもあります。

ドルチェグストはその心配がないため、自分のペースでいろいろなメニューを自由に楽しめますよ。

目次に戻る

まとめ:バリスタとドルチェグストの選び方

バリスタがおすすめの人

  • コーヒーを安く飲みたい
  • 時間や手間をかけずにコーヒーを淹れたい
  • 基本的にコーヒーだけ飲めれば問題ない

参考【本体無料】ネスカフェバリスタ定期便サービス

ドルチェグストがおすすめの人

  • 本格的な味のコーヒーを飲みたい
  • コーヒー以外の甘いドリンクメニューも飲みたい
  • コーヒーの酸化や衛生面が心配

参考【本体無料】ドルチェグスト定期便サービス

このように、バリスタとドルチェグストはどちらもメリットデメリットがあります。自分がどんな点を重視するかで、どちらかを選んでみてはいかがでしょうか?

また2つともネスレでは本体が無料で利用できる定期便サービスを実施中!エコ&システムパック代とカプセル代だけでマシンが使えるので、購入費用にお悩みの人もぜひ申し込んでみてください!

ネスカフェバリスタ人気モデル ランキング

ネスカフェ バリスタ i [アイ] (型番: PM9635)

人気度
最安値 本体無料(公式サイト コーヒーお届け便)
※家庭での利用限定
【バリスタ本体無料】公式サイトはこちら
ネスカフェアンバサダー 本体無料
※オフィスや団体、店舗での利用限定
【ネスカフェアンバサダー公式サイト】はこちら
タンク容量 1000ml(約7.5杯分)

ネスカフェバリスタ最新モデル。このモデルだけ本体無料の公式サービスがあります。

スマホアプリを使って自分だけの好みの味を作って保存できます。またコーヒーを淹れるたびにお得なポイントが貯まります。

ネスカフェ バリスタ50[Fifty](型番: PM9634)

人気度
最安値 7,980円(公式サイト)
ネスカフェアンバサダー 対象外
タンク容量 800ml(約6杯分)

ネスカフェゴールドブレンドの50周年記念モデル「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50[Fifty](型番: PM9634)」。

バリスタ i [アイ] と同様にアプリでコーヒーを抽出できます。

ネスカフェ バリスタ(型番: PM9631)

人気度
最安値 3,980円(公式サイト 定期お届け便)
※家庭での利用限定
ネスカフェアンバサダー 対象外
タンク容量 800ml(約6杯分)

ネスカフェ バリスタの旧型定番モデル「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ(型番: PM9631)」。

アプリは使用出来ません。

おすすめ人気記事

1

450万台という販売台数を誇る日本一売れているコーヒーマシンのネスカフェ バリスタ。そのラインナップに、アプリとの連携でもっとコーヒータイムを楽しくできる「ネスカフェ バリスタ i[アイ](PM963 ...

2

ネスカフェバリスタは、専用のコーヒーのシステムを利用しています。このため、専用のコーヒー粉を使うことが基本で、多くの人が「エコ&システムパック」というネスカフェオリジナルのパッケージのレギュラーソリュ ...

3

最近は、カフェのようなコーヒー専門店やコンビニでも気軽にコーヒーが購入できるのでとても便利です。でも、カフェのコーヒーは価格がちょっとお高めだし、忙しい時は買いに行くのが面倒ですよね。 コーヒーマシン ...

4

職場に置いてあるコーヒーがあまり美味しくないときや、自動販売機でいつもコーヒーを買っていたら節約にはならないなどの不満があります。 コーヒーマシンを置くとしても経費が必要になりますし、豆の準備や後片付 ...

ウェルネスアンバサダー 5

「仕事や育児で毎日いそがしく、どうしても外食やレトルトに頼りがち…。」 「健康に気遣いたいけれど野菜をたくさん食べるのは苦手。」 そんな人の悩みを解決するべく、ネスカフェが始めた新しいサービスがネスレ ...

ネスプレッソ本体無料のカプセル定期便 6

オフィスや自宅に1台あると便利なコーヒーメーカー。その中でもコーヒーマニアの間で、ワンランク上のマシンと人気なのが「ネスプレッソ」です! ネスレと言えばバリスタやドルチェグストはお店でも売られています ...

アイスクレマコーヒー 7

ネスカフェが発売している、「ゴールドブレンドアイスコーヒーサーバー」は新しく登場したアイスコーヒー専用サーバーです。ネスカフェのコーヒーサーバーと言えば、バリスタ有名ですが、こちらのアイスコーヒーサー ...

-ネスカフェ バリスタの知識

Copyright© ネスカフェバリスタ&ドルチェグスト口コミ評判ナビ , 2018 All Rights Reserved.