ネスカフェゴールドブレンドとオーガニックの味を比較して口コミレビュー

更新日:

ネスカフェゴールドブレンドとオーガニック
ネスカフェゴールドブレンドは、1967年に誕生したロングセラー商品です。そんなゴールドブレンド誕生50周年を記念して、2017年9月1日よりゴールドブレンドレギュラーソリュブルコーヒーがリニューアルしました!

また、オーガニックの有機豆100%の「ネスカフェゴールドブレンドオーガニック」も新登場しています。

今回は新ゴールドブレンドとオーガニックコーヒーを飲み比べてみました!商品特徴や味の違いをくわしくレビューしますので、ぜひ参考にしてください。

ゴールドブレンドオーガニック

新ゴールドブレンドの特徴

ネスカフェゴールドブレンド
ネスカフェゴールドブレンドは1967年に発売されて以来、これまで累計飲用杯数がなんと1,500億杯を突破しているロングセラー商品です。

そして、発売50周年をきっかけに、これまでのレギュラーソリュブルコーヒーを一新しました。

ネスレ独自の「挽き豆包み製法」

挽き豆包み製法
ネスカフェゴールドブレンドの特徴は、ネスレ独自の技術「挽き豆包み製法」を採用していること。この挽き豆包み製法とは、コーヒー豆を焙煎後細かく粉砕したものを、ネスカフェ独自の抽出液で包み込んだもの。

粉砕したコーヒー豆を抽出液で包んでおくことで、空気に触れた際の豆の酸化予防になります。だからこそ、粉末コーヒーでありながらいつでもコーヒー豆をその場で挽いたような、淹れたてのコーヒーの香りが味わえるのです。

新ゴールドブレンドは挽き豆包み製法はそのままに、さらに上質な香りと奥行きのある味わいを追求!雑味のないすっきりした後味でさらにおいしく進化しました。

コーヒー感を数値化したインジケーター表示

インジケーター
そんな挽き豆包み製法のゴールドブレンドは味だけでなく、パッケージのデザインも新しくなっています。新しく金色が際立つパッケージに、コーヒー感を数値化した「インジケーター」をプラスしています。

このインジケーターによって、一目でコーヒーの味わいの濃さが判断でき、お好みの商品が選びやすくなりました。

サイズを改良

日本では核家族化、一人暮らしなど世帯人数の減少が進んでいます。15年前と比較して1世帯当たりの人数は約15%減っているそうで、一世帯の平均人数は2.3人。それに合わせて、ネスカフェではコーヒーの小容量タイプのラインナップを強化しました。

ちなみにエコ&システムパックは前モデルが35杯分(70g)なのに対し、新ゴールドブレンドは32杯分(65g)と容量が少なくなっています。

若干の違いではありますが、コーヒーは空気に触れていくうちに酸化が進んで雑味が出てしまうので、これまでの容量では飲み切れなかった家庭では、いつでも新鮮なバリスタコーヒーが飲めるようになると思います。

値段とラインナップ

新ゴールドブレンドの登場にともなって、コク深めやカフェインレスなどの代表的なシリーズも内容量やデザインが若干変更になっています。

※下記はメーカー価格です

  • ネスカフェ ゴールドブレンド 30g ¥356
  • ネスカフェ ゴールドブレンド 80g ¥869
  • ネスカフェ ゴールドブレンド 120g ¥1,279
  • ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック 65g ¥609
  • ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック 105g ¥944
  • ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め 80g ¥869
  • ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め 120g ¥1,279
  • ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め エコ&システムパック 65g ¥609
  • ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め エコ&システムパック 105g ¥944
  • ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス 30g ¥379
  • ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス 80g ¥1,011
  • ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス エコ&システムパック 60g ¥725

前ゴールドブレンドと新ゴールドブレンドを飲み比べてみました

実際に前モデルのゴールドブレンドと9月1日よりリニューアルされた新ゴールドブレンドを飲み比べてみました!

パッケージの比較

ゴールドブレンドの比較
左が新しいゴールドブレンド、右が前ゴールドブレンドです。
前のゴールドブレンドとくらべると、パッケージが金色を強調したデザインに変わっています。また、商品紹介にもありましたインジケーターは画像のように5段階のコーヒー感として表示されています。

パッケージそのものの大きさは前モデルとほとんど変わりませんが、内容量が減った分持ってみると新しいゴールドブレンドの方が軽く感じました。

味の比較

実際に前と新ゴールドブレンドの両方をバリスタで淹れてみました!

こちらがバリスタで淹れた旧ゴールドブレンド
旧ゴールドブレンド

こちらがリニューアルされた新ゴールドブレンドです。
新ゴールドブレンド

左が前ゴールドブレンド、右が新ゴールドブレンドです。
コーヒー
このように2つを並べてみても見た目の違いは特にありませんが、コーヒーを淹れたときの香りは新ゴールドブレンドの方がさわやかなフレーバーを感じました。

実際に飲み比べてみると、新しいゴールドブレンドは後味がかなりさっぱりしているのがわかります。コーヒーとしての濃さは前モデルの方が感じますが、新しいゴールドブレンドはホットでもアイスでも、すっきりとした飲み口に変わったと思います。

また、20分ほど放置した後に飲み直してみましたが、前ゴールドブレンドは空気の影響で少し酸味を感じますが、新ゴールドブレンドは酸味が少なく後味に癖がないので、とても飲みやすい風味でした。

カフェラテ

ネスカフェのブライトを使ってカフェラテにしましたが、新ゴールドブレンドの方がやはり後味がさっぱりしています。

ですが前ゴールドブレンドと極端に風味に違いがあるわけではないので、古くからのゴールドブレンドファンも納得の進化だと思います。

ゴールドブレンドオーガニックの特徴

ゴールドブレンドオーガニック
同じく9月1日より発売された新商品が、ゴールドブレンドオーガニックです。

有機豆100%使用

有機コーヒー豆JAS法に基づいて、認定を受けている農場で栽培されたコーヒー豆を100%使ったオーガニックコーヒーです。

農薬や化学合成肥料も一切使っておらず、食の安全に関心が高い人向けの新しいレギュラーソリュブルコーヒーです。

値段とラインナップ

  • ネスカフェ ゴールドブレンド オーガニック 80g  ¥1,202
  • ネスカフェ ゴールドブレンド オーガニック エコ&システムパック 55g ¥790

通常のゴールドブレンドとくらべると、価格はおよそ1.5倍とプレミアムなコーヒーです。

今もっとも注目されているオーガニックコーヒー市場をけん引するために、こだわりの栽培方法で収穫されたコーヒー豆は、華やかな余韻が楽しめるワンランク上の商品です。

ゴールドブレンドオーガニック

新ゴールドブレンドとオーガニックを飲み比べてみました

ネスカフェゴールドブレンドとオーガニック

左がゴールドブレンド、右がゴールドブレンドオーガニックです。深みのあるエメラルドグリーンのパッケージが高級感抜群でおしゃれです。

ゴールドブレンドの粉

二つの豆の色を比べてみましたが、どちらも色は特に違いがわかりませんが、オーガニックの方が若干挽き豆の粒が小さいように感じました。

オーガニックで淹れたコーヒー

そしてこちらがバリスタで淹れたオーガニックです。とにかくさわやかなコーヒーの香りが心地よく、飲み口もさっぱりしています。通常のゴールドブレンドよりも酸味が少なく飲みやすいので、コーヒーの苦みが苦手な人にもおすすめだと感じました。

コーヒーの比較

左がオーガニック、右がゴールドブレンドです。やはり色に違いがありませんが、ゴールドブレンドの方がややコーヒー感は強い印象です。どちらも本格的な味わいですので好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

カフェラテ

左がオーガニック、右がゴールドブレンドのカフェラテです。

オーガニックはさっぱりしているので、アイスカフェラテに合う味だと思いました。もちろん通常のゴールドブレンドもアイスにしても飲みやすいですが、私はゴクゴクと飲めるのはオーガニックだと感じます。

ゴールドブレンドオーガニック

まとめ

ゴールドブレンド生誕50周年を記念してリニューアルしたゴールドブレンドとオーガニックを実際に飲んでみたところ、どちらも以前よりコーヒー感が強く贅沢な味わいに進化したと思いました。

特に前ゴールドブレンドと新ゴールドブレンドを比較すると、新しいタイプは雑味が減ってコーヒーの香りがさらに深く香る奥行きがあるテイストになっています。

オーガニックもさわやかな飲み口で、有機豆100%という安心感は食の安全に気にかけている人にぴったりの商品だと思います。ぜひリニューアルしたゴールドブレンドシリーズをさっそく試してみてはいかがでしょうか。

ゴールドブレンド オーガニック公式サイト はこちら

関連おすすめ記事

ネスカフェバリスタ人気モデル ランキング

ネスカフェ バリスタ i [アイ] (型番: PM9635)

人気度
最安値 本体無料(公式サイト コーヒーお届け便)
※家庭での利用限定
【バリスタ本体無料】公式サイトはこちら
ネスカフェアンバサダー 本体無料
※オフィスや団体、店舗での利用限定
【ネスカフェアンバサダー公式サイト】はこちら
タンク容量 1000ml(約7.5杯分)

ネスカフェバリスタ最新モデル。このモデルだけ本体無料の公式サービスがあります。

スマホアプリを使って自分だけの好みの味を作って保存できます。またコーヒーを淹れるたびにお得なポイントが貯まります。

ネスカフェ バリスタ50[Fifty](型番: PM9634)

人気度
最安値 7,980円(公式サイト)
ネスカフェアンバサダー 対象外
タンク容量 800ml(約6杯分)

ネスカフェゴールドブレンドの50周年記念モデル「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50[Fifty](型番: PM9634)」。

バリスタ i [アイ] と同様にアプリでコーヒーを抽出できます。

ネスカフェ バリスタ(型番: PM9631)

人気度
最安値 3,980円(公式サイト 定期お届け便)
※家庭での利用限定
ネスカフェアンバサダー 対象外
タンク容量 800ml(約6杯分)

ネスカフェ バリスタの旧型定番モデル「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ(型番: PM9631)」。

アプリは使用出来ません。

おすすめ人気記事

1

450万台という販売台数を誇る日本一売れているコーヒーマシンのネスカフェ バリスタ。そのラインナップに、アプリとの連携でもっとコーヒータイムを楽しくできる「ネスカフェ バリスタ i[アイ](PM963 ...

2

ネスカフェバリスタは、専用のコーヒーのシステムを利用しています。このため、専用のコーヒー粉を使うことが基本で、多くの人が「エコ&システムパック」というネスカフェオリジナルのパッケージのレギュラーソリュ ...

3

最近は、カフェのようなコーヒー専門店やコンビニでも気軽にコーヒーが購入できるのでとても便利です。でも、カフェのコーヒーは価格がちょっとお高めだし、忙しい時は買いに行くのが面倒ですよね。 コーヒーマシン ...

4

職場に置いてあるコーヒーがあまり美味しくないときや、自動販売機でいつもコーヒーを買っていたら節約にはならないなどの不満があります。 コーヒーマシンを置くとしても経費が必要になりますし、豆の準備や後片付 ...

ウェルネスアンバサダー 5

「仕事や育児で毎日いそがしく、どうしても外食やレトルトに頼りがち…。」 「健康に気遣いたいけれど野菜をたくさん食べるのは苦手。」 そんな人の悩みを解決するべく、ネスカフェが始めた新しいサービスがネスレ ...

ネスプレッソ本体無料のカプセル定期便 6

オフィスや自宅に1台あると便利なコーヒーメーカー。その中でもコーヒーマニアの間で、ワンランク上のマシンと人気なのが「ネスプレッソ」です! ネスレと言えばバリスタやドルチェグストはお店でも売られています ...

アイスクレマコーヒー 7

ネスカフェが発売している、「ゴールドブレンドアイスコーヒーサーバー」は新しく登場したアイスコーヒー専用サーバーです。ネスカフェのコーヒーサーバーと言えば、バリスタ有名ですが、こちらのアイスコーヒーサー ...

-ネスカフェ バリスタ レビュー

Copyright© ネスカフェバリスタ&ドルチェグスト口コミ評判ナビ , 2018 All Rights Reserved.