ドルチェグストに使う水は硬水・軟水どちらがおいしい?

更新日:

アルカリイオン水とコントレックス

ドルチェグストは新鮮な豆が詰まったカプセルによって、こだわりのコーヒーが飲めるマシンです。誰でもおいしいコーヒーを淹れられますが、実はコーヒーの味を決めるのは豆だけでなく、水も大切だということを知っていますか?

ドルチェグストを今よりもさらにおいしく飲むために、ぜひ水にもこだわってみましょう!そこで今回はコーヒーに合う水は硬水と軟水、どちらなのかを検証してみました!コーヒーをおいしくするためのコツもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ドルチェグストに使う水でコーヒーの味に違いは出るのか?

レギュラーコーヒーを抽出した際に、コーヒーの成分は全体の約1%で残りの99%は水と言われています。おいしいコーヒーを飲むにはもちろんコーヒー豆の種類や保管方法にこだわることも大切です。

ですが、よりコーヒーをおいしくするには豆だけでなく、水にもこだわりを持つことをおすすめします。

実は以下のようにドルチェグストの公式サイトでも、水の種類を変えることでコーヒーの味わいが変わることが説明されています。

水道水、またはミネラルウォーターであれば軟水のものをご使用ください。一般的にコーヒーやお茶、紅茶などを召しあがる時は、ミネラル分の多い硬水ではなく、軟水を使用する方が美味しいと言われております。 お水の種類によってもそれぞれ味が変わってまいります。いろいろとお試しいただき、お好みのものを選び、お楽しみください。

ドルチェグストのコーヒーカプセルは、酸化を防いで新鮮さをそのまま閉じ込めるこだわりのもの。もちろん水道水で淹れてもおいしく飲めますが、実は水の種類を変えれば同じコーヒーでもいろいろな味わいが楽しめますよ。

水の種類は大きく分けると、私たち日本人におなじみの「軟水」、ヨーロッパ圏では水道水として飲まれている「硬水」の2つ。まずはそれぞれどんな違いがあるのか、簡単にご説明します。

硬水について

硬水
そもそも水はカルシウムとマグネシウム、炭酸カルシウムなどさまざまな成分が入っています。硬水と軟水の違いは、このミネラル分の含有量によって決められています。

国によって基準は異なりますが、日本では1リットルあたり炭酸カルシウムが100㎎以上のものを硬水としています。カルシウムは苦みを軽減して、マグネシウムは渋さを感じやすいので、硬水でコーヒーを淹れると酸味が感じにくく、苦みが強く出ると言われています。

軟水について

軟水
軟水は炭酸カルシウムの量が100㎎以下のもの。日本のほとんどはこの軟水に分類される水で、蛇口から出る水道水も多くが軟水です。

軟水はミネラル分が少ないので、硬水よりもコーヒーの味に影響が出にくいとされています。全体的にまろやかで酸味の立つコーヒーになります。

一般的にコーヒーは軟水が良いと言われていますが、味の好みには個人差がありますので必ずしも硬水の方がおいしくなるとは断言できません。

同じコーヒーでも違った味わいが楽しめるので、いつものメニューに飽きたら水の種類を変えてみるのもおすすめですよ。

実際に硬水・軟水のミネラルウォーターでコーヒーを淹れてみました

実際にドルチェグストで、硬水と軟水それぞれでコーヒーを淹れてみました。
カプセル
使ったカプセルは次の2種類です。

・レギュラーブレンドルンゴ
・カフェオレ

ブラックコーヒーとカフェオレで、それぞれどのように味が違うのか比較していきます!
水補充
水が混ざらないよう乾いたタンクに先に硬水を入れて、コーヒーとカフェラテを作りました。

その後水道水でタンクをさっと洗い、軟水のミネラルウォーターを入れています。
水補充

ドルチェグストのサイトでは軟水がおすすめされていましたが、もちろん硬水でも問題なくコーヒーを抽出できています。

硬水と軟水のレギュラーブレンドコーヒーの比較

まずはレギュラーブレンドコーヒーを硬水と軟水の比較です。
軟水と硬水のコーヒー

左が硬水、右が軟水のコーヒーです。見た目に違いはありませんが、硬水で淹れたコーヒーの方が長い時間泡が残っていました。

また本当に同じコーヒーなのか疑問に思うほど、味には違いがあります。軟水は飲み慣れた味でマイルドな口当たりで後味がさっぱり。寝起きに飲みたいさわやかな味わいです。

一方、硬水で淹れたコーヒーは苦みがかなり強く出ています。まるでじっくり焙煎し直したような渋みも感じるので、レギュラーコーヒーと言うよりもエスプレッソのような味になりました。
硬水のコーヒー軟水のコーヒー
軟水が早朝に飲みたいコーヒーだとすると、硬水は目を覚ましたいとき、気合を入れたいときに飲みたい濃さがあります。またやはり軟水とくらべて酸味は減っています。

誰でも飲みやすいのは軟水ですが、もともと苦みが強いコーヒーが好きな人は、硬水の方が苦みや渋みが強いのでおすすめです。

硬水と軟水のカフェラテの比較

軟水と硬水のカフェラテ
次にカフェラテのカプセルを使ってコーヒーを淹れてみました。左が硬水、右が軟水です。こちらも見た目に違いがなく、ミルクが入っているおかげかどちらもまろやかな泡ができています!

飲み比べてみると軟水はミルクのまろやかさが際立つ味わいで、とろみがありスムーズに飲むことができます。硬水はそのままミネラルウォーターとして飲んだときと同じく、軟水よりも硬く噛めるような感覚。
硬水軟水
軟水よりしっかりのど越しがあり、味もコーヒーの風味が強く出ています。個人的にはカフェオレなどのミルク系に限っては、硬水よりも軟水の方がおいしいと感じました。

カフェオレならではの味の丸みが消えていて、あまり後味も良くありません。ただし感じ方には個人差があるので、いつものカフェオレに飽きた人はぜひ試してみるとまた新しい味わいが楽しめますよ。

ドルチェグストは水道水で淹れるとまずい?

日本は北海道や沖縄など一部地域を除いて、軟水の水質になっています。毎日口にしている水道水は、実は世界でもトップクラスの浄水力で、そのまま飲める高い品質を誇っています。

毎回コーヒーのためにミネラルウォーターを買うのはお金もかかりますし、水道水をドルチェグストに使っている人の方が多いのではないでしょうか?水道水でも十分においしいコーヒーが淹れられるドルチェグストですが、水道水を使うなら次のようにもう一工夫加えることで、ミネラルウォーターで作ったようなおいしいコーヒーになりますよ。

浄水器をつけてカルキ臭を消す

水道水で一番気になるのが塩素、いわゆるカルキ臭。カルキの臭いが強い水道水は、せっかくのコーヒーの香りを消してしまいます。

カルキ臭は一度沸騰させるとある程度なくなりますが、手軽なのは浄水器を取り付けること。活性炭入りの浄水器をつけることで、カルキが抜けてミネラルウォーターのようなまろやかでクセのない水になります。

ある程度水を出してからコーヒーに使う

特に朝にはじめて出した水道水は、前日から蛇口に残っているものなので鮮度が落ちています。蛇口をひねったらそのままドルチェグストに使わずに、最低でも3秒以上出した水を使いましょう。

ちなみに水道管が古いと、水道水の中に鉄分が多く混じっていることも。するとコーヒーの成分のタンニンと結びついて、味に雑味が出る原因になってしまいます。ドルチェグストで淹れたコーヒーがおいしくない、苦みや雑味が強いと感じる場合は、マシンだけでなく水道水自体に問題がある可能性も考えられます。

ドルチェグストのコーヒーをよりおいしく淹れるコツ

ドルチェグストカプセル
水にこだわるのと同時に、さらにドルチェグストのコーヒーをおいしく淹れるため、やっておきたいコツをご紹介します。

マグカップをお湯で温めておく

ホットのコーヒーを淹れる場合、まずコーヒーを抽出する前にお湯でマグカップをしっかり温めておきましょう。ドルチェグストはカプセルを入れない状態でお湯を出すこともできるので、手軽にマグカップを温められますよ。

こうしてマグカップを温めておくことで、コーヒーの温度が下がりにくく風味をキープできます。

タンクの水は1日ごとに交換をする

ドルチェグストのタンクに入れた水があまると、翌日もそのまま持ち越している人も多いのではないでしょうか?水は1~2日では腐りませんが、空気に触れる時間が長くなればなるほど、酸素や二酸化炭素が抜けていきます。

すると、新しい水とくらべてコーヒーの味がぼんやりとし、おいしさが落ちる原因になります。また腐らないとは言っても、時間が経っている水でコーヒーを淹れるのは衛生面でも心配です。

ドルチェグストでおいしいコーヒーを飲むには、ぜひ毎日新しい水に取り換えてみましょう。

週に一度内部を洗浄する

ドルチェグストはカプセルでコーヒーを抽出しますが、その際に周辺に水垢やコーヒーの汚れがつくことがあります。そのまま放置すると、コーヒーに汚れが入って味に影響が出てしまう可能性も!

そのため、ドルチェグストは週に1回程度、マシンの内部洗浄をすることがおすすめされています。方法は次のように簡単ですので、ぜひ定期的に洗浄をしてみてください。

①タンクに水をたっぷり入れる。
②ドルチェグストの水量調節目盛りを最大に設定します。
③左の「水」レバーを倒して水を抽出します。
④次に右の「熱湯」レバーを倒してお湯を抽出します。

お湯は熱いので、必ず耐熱使用のカップなどを使ってください。

定期的に本格的な湯垢洗浄をする

ドルチェグストは上記の簡単な内部洗浄のほかに、ネスレで売られている「湯垢洗浄剤」を使って徹底的に掃除をする方法もあります。ちなみに掃除の目安は1年程度が推奨されていますが、コーヒーの味が変わった、温度がぬるいなど不具合が出た方はぜひ早めに試してみてください。

方法は基本的な内部洗浄と同じですが、ドルチェグスト専用湯垢洗浄剤を使います。こちらは通販で購入できますので、ぜひおいしいコーヒーのためにも普段お手入れをあまりしていない人は、ぜひやってみてはいかがでしょうか。

まとめ

ドルチェグストに合う水は軟水が推奨されてはいますが、コーヒーの味の好みは個人差がありますので、硬水の方がおいしいと感じる人もいます。実際にコーヒーを淹れてみて、ここまで味に違いが出るのかと驚きました!

また水道水も浄水器などを利用することで、コーヒーの味がぐっと良くなることもありますよ。ぜひドルチェグストでおいしいコーヒーを飲むためにも、水道水だけでなくお好みのミネラルウォーターを探してみてはいかがでしょうか。

関連おすすめ記事

ネスカフェバリスタ人気モデル ランキング

ネスカフェ バリスタ i [アイ] (型番: PM9635)

人気度
最安値 本体無料(公式サイト コーヒーお届け便)
※家庭での利用限定
【バリスタ本体無料】公式サイトはこちら
ネスカフェアンバサダー 本体無料
※オフィスや団体、店舗での利用限定

【ネスカフェアンバサダー公式サイト】はこちら

タンク容量 1000ml(約7.5杯分)

ネスカフェバリスタ最新モデル。このモデルだけ本体無料の公式サービスがあります。

スマホアプリを使って自分だけの好みの味を作って保存できます。またコーヒーを淹れるたびにお得なポイントが貯まります。

ネスカフェ バリスタ50[Fifty](型番: PM9634)

人気度
最安値 7,980円(公式サイト)
ネスカフェアンバサダー 対象外
タンク容量 800ml(約6杯分)

ネスカフェゴールドブレンドの50周年記念モデル「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50[Fifty](型番: PM9634)」。

バリスタ i [アイ] と同様にアプリでコーヒーを抽出できます。

ネスカフェ バリスタ(型番: PM9631)

人気度
最安値 3,980円(公式サイト 定期お届け便)
※家庭での利用限定
ネスカフェアンバサダー 対象外
タンク容量 800ml(約6杯分)

ネスカフェ バリスタの旧型定番モデル「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ(型番: PM9631)」。

アプリは使用出来ません。

おすすめ人気記事

1

300万台という販売台数を誇る日本一売れているコーヒーマシンのネスカフェバリスタ。そのラインナップに、アプリとの連携でもっとコーヒータイムを楽しくできる「ネスカフェ バリスタ i[アイ](PM9635 ...

2

ネスカフェバリスタは、専用のコーヒーのシステムを利用しています。このため、専用のコーヒー粉を使うことが基本で、多くの人が「エコ&システムパック」というネスカフェオリジナルのパッケージのレギュラーソリュ ...

3

最近は、カフェのようなコーヒー専門店やコンビニでも気軽にコーヒーが購入できるのでとても便利です。でも、カフェのコーヒーは価格がちょっとお高めだし、忙しい時は買いに行くのが面倒ですよね。 コーヒーマシン ...

4

職場に置いてあるコーヒーがあまり美味しくないときや、自動販売機でいつもコーヒーを買っていたら節約にはならないなどの不満があります。 コーヒーマシンを置くとしても経費が必要になりますし、豆の準備や後片付 ...

ウェルネスアンバサダー 5

「仕事や育児で毎日いそがしく、どうしても外食やレトルトに頼りがち…。」 「健康に気遣いたいけれど野菜をたくさん食べるのは苦手。」 そんな人の悩みを解決するべく、ネスカフェが始めた新しいサービスがネスレ ...

ネスプレッソ本体無料のカプセル定期便 6

オフィスや自宅に1台あると便利なコーヒーメーカー。その中でもコーヒーマニアの間で、ワンランク上のマシンと人気なのが「ネスプレッソ」です! ネスレと言えばバリスタやドルチェグストはお店でも売られています ...

アイスクレマコーヒー 7

ネスカフェが発売している、「ゴールドブレンドアイスコーヒーサーバー」は新しく登場したアイスコーヒー専用サーバーです。ネスカフェのコーヒーサーバーと言えば、バリスタ有名ですが、こちらのアイスコーヒーサー ...

-ドルチェグスト レビュー

Copyright© ネスカフェバリスタ&ドルチェグスト口コミ評判ナビ , 2018 All Rights Reserved.